前回、速読についてのエントリーを書きましたが、いくつか補足しておきます。 まずは、情報中毒になってはいけない。ということです。 世の中は情報で溢れています。大事なのはどんな情報を手にいれるかと言うより、どんな情報を手に入れないかだと思います。 つまり、本を初めから最後まで順番に読むなんてナンセンス。(小説とかの場合は違います) 例えば、本を一冊買ってきて読んだとします。 そして、本当に大事だと思うことをノートに書き出してみましょう。 よほどの素晴らしい本でない限り、書き出した量は、ノート2ページにも満たないのではないのでしょうか。 つまり、200ページの本を読んだとしたら198ページは無駄であったということです。 大して素晴らしい本ではないのに、ノートに20ページも30ページも書いてしまった人。 あなたは、情報中毒です。 バイキングで例えると、あれも食べたいこれも食べたいといって、大好きなものを大して食べることもできずに、お腹いっぱいになって具合が悪くなってしまうようなものです。 アウトプットしないものはインプットしないようにしましょう。 情報を切り捨てるある種の潔さも必要です。 さらにいうと、購入したものであれば、その中の情報はすでにあなたの手元にあるのですから、必死に暗記する必要もありません。 適度に情報に飢えがあった方が、食べたい(手に入れたい)情報がすんなり向こうからやってくるものです。