大学で数学なんて全くやってこなかった私だが(社会学系の学部だったので)最近再び興味を持ち始めている。 高校の頃はどちらかと言えば数学嫌いであったが、やはり世間でいうピアノ教室と一緒で強制的でない方が楽しく学ぶことができる。 なので、まず最初に数字の感覚を戻すために読んだのが本書である。 直観でわかる数学というタイトルだが、内容は数遊びに近い。 とくに難しい内容が書いてあるわけでもないので小学生でもわかるような内容だ。 それでも本書を勧める理由は、数学や算数が苦手な人はスタートからミスっていることが多いからだ。 たし算や掛け算、マイナスの数など簡単なことばかりを習ったので論理的に理解したつもりになってしまっていたということだ。簡単ゆえに見過ごしてしまっていた重要な概念がある。 マイナスの数とマイナスの数を掛けるとなぜプラスになるのか。 当たり前に受け入れていたことだが、この答えを明確に言える人は少ないと思う。 そういった意味で、本書は数学嫌いな中・高生、勉強し直したい大学生や社会人等の幅広い年代が楽しめる本だと思われる。
直観でわかる数学直観でわかる数学 岩波書店 2004-09 売り上げランキング : 11945 Amazonで詳しく見る by G-Tools
続 直観でわかる数学続 直観でわかる数学 岩波書店 2005-10-20 売り上げランキング : 59226 Amazonで詳しく見る by G-Tools