iPhoneで文字を打つ時は携帯みたいに連続してボタンを押すパターンとキーボードで入力するパターン、そしてフリック入力というパターンがあります。 フリック入力とは例えば、「い」を入力したい時は「あ」ボタンを押しながら左にスライドし、「う」を入力したい時は、上にスライドさせると行った具合に、一回のタッチで入力したい文字を入力できる機能です。 これはまさにタッチパネル独自の機能です。 そして、このフリック入力が意外と秀逸。使い始めた当初は慣れないせいで時間がかかってしまいましたが、一旦習得するとキーボードのブラインドタッチに勝るとも劣らない速さで入力できるようになっちゃいました。 携帯と早打ちを競っても確実に勝てるくらいの速さです。ちなみにこのエントリーもiPhoneで書いています。 トータルでの時間コストを考えずに初期の慣れないで使わなければならないコストを重視してしまうのはとっても勿体無いことだと思います。やはり、長く付き合うものには長期目線での最適解を見い出すのが基本ですね。 iPhoneからの投稿